3社間ファクタリングの仕組みとメリット・デメリット

subpage01

3社間ファクタリングとは将来に取引先から受け取る予定の売掛金の買取サービスで、クライアントと買取契約が結ばれます。

債権の買取契約が成立すると、ファクタリング会社はクライアントの取引先(支払い企業)に連絡して債権買取の同意を得ます。

ファクタリングの比較選びをお手伝いします。

支払期日になると、支払い企業はクライアントではなくてファクタリング会社の口座に支払金を直接入金します。


売掛金の支払いが行われると、一連の取引が完了する仕組みです。
3社間ファクタリングの最大のメリットは、売掛金の買取金額の割合が高い(手数料が安い)ことです。

3社間であれば、売掛債権の買取金額は95〜99%と高く設定されています。
手数料が低い理由は、クライアントの口座を経由せずに売掛金が支払われることで貸し倒れのリスクが低いことです。
債権の買取を行う際に貸し倒れリスクが低いため、審査に通過しやすいというメリットもあります。

3社間で債権の買取サービスを行う会社は、銀行の子会社などの大手会社で安心して利用ができることもメリットといえます。



3社間ファクタリングの大きなデメリットは、取引先(支払い企業)に売掛債権の買取サービスを利用していることを知られてしまうことです。



資金繰りに苦しい会社とみなされると、取引が停止されたり以前よりも不利な条件でしか取引に応じてもらえなくなる恐れがあります。


取引先の会社に売掛債権の買取サービスを利用していることを知られたくない場合には、2社間のサービスを利用することができます。

ファクタリングの基礎知識

subpage02

最近は、ファクタリングの利用者が増えている傾向にあります。そこで、基本的なことを理解しておけば安心して使うことができるでしょう。...

NEXT

ファクタリングの常識

subpage03

ファクタリングは売掛債権を保有していれば利用することができる、非常に魅力的な資金調達サービスです。しかし、問題点やリスクがないわけではありません。...

NEXT

ファクタリング入門

subpage04

クラウドファクタリングなどと新たな資金調達方法が普及しています。ファクタリングは従来から存在していますが、ABLというのをご存知でしょうか。...

NEXT

ファクタリングの重要知識

subpage04

中小企業にとって資金調達の強い味方になってくれるのがファクタリングです。ファクタリングは売掛債権をすぐに現金化する事ができます。...

NEXT