ファクタリングの注意しておきたいポイント

subpage01

ファクタリングは売掛債権を保有していれば利用することができる、非常に魅力的な資金調達サービスです。
しかし、問題点やリスクがないわけではありません。

利用するにあたって、注意すべき点をしっかりと確認しておく必要があります。

お手軽さが魅力の即日のファクタリングの情報なら当サイトにお任せ下さい。

まず知っておきたい注意ポイントとして、ファクタリングサービス業者は金融庁の監督下になく、利息制限法の適用外であることです。
通常、融資を行う金融会社は金融庁の監督下で営業を行い、貸金業の登録を行う必要があります。



そして貸金業法を遵守する義務が課されています。もちろん、利息制限のルールも守らなければなりません。

それゆえ、利用者が悪徳金融会社の魔の手に染まる可能性は低くなっています。
一方で、ファクタリングサービス業者にはこうした規制の対象ではないので、悪徳業者を利用してしまう可能性があります。



したがって、業者を選択する際には細心の注意を払うべきです。
会社の規模や実績が伴っていることに気を配りたいところです。

同時に、手数料の上限が利息制限法の範囲内(年15%〜20%)であることが望ましいと言えるでしょう。

もう一つ注意しておきたいことが、ファクタリングを利用すると売掛先に知られてしまうリスクがあり、風評被害を受けてしまうおそれがあることです。
売掛債権は事業主同士の信頼関係で成り立っているものですから、これを譲渡してしまうとその関係が壊れてしまうかもしれません。したがって、サービスを提供する業者が秘密保持に力を入れているかどうかもチェックしておきたいところです。