ファクタリング会社と契約をする際に注意すべき事

subpage01

中小企業にとって資金調達の強い味方になってくれるのがファクタリングです。


ファクタリングは売掛債権をすぐに現金化する事ができます。


現金がどうしても必要な場合にとても重宝されるシステムです。

契約を結ぶ際には注意しなくてはいけない事があります。

悪質の賃金業者がファクタリングというシステムを利用している場合があります。ファクタリング会社が請求するのはあくまで手数料であって金利ではありません。

ファクタリングの比較といえばこちらです。

金利でないので法の適用がなく好き勝手に手数料を請求する事が出来るのです。


手数料の平均額は15%から20%とされていますが、この数値を大きく上回っている場合があります。


30%を超えている場合はかなり高額となります。

契約の際には契約書をしっかりと確認しておきましょう。

手数料の総額が曖昧に記されている可能性があります。



また、支払いの方法によっても悪徳業者であるか普通のファクタリング会社であるかを見極める事ができます。

普通であれば、入金日に応じた口座振込で入金をしますが、悪徳業者は変わった日程に振込むような事を言ってきます。
気がつくと全く連絡が取らなくなるというような事も起きてしまいます。

入金ではなくて、現金で手渡しをするような場合もあります。



多くのお金を差し引いて手渡しをするので少額しか残っていません。

このように法が適用されていないという事を上手く利用して多くのお金を取ろうとするので注意しなくてはいけません。